※ 2016.05.01 改定


ブログ初めまして。画像 2017.02~


はじめましての方は必ずご一読ください。




はじめまして♪


晴れ、ときどき雨・・・こころ日和。 管理人の こころ。と申します。

こちらのお部屋は、ホミン至上主義 管理人こころ。の心の中のお話を、
書き綴った自分勝手なお話がたくさん詰まったお部屋です。

東方神起はユノとチャンミン。
そして、こちらのお部屋は ホミン のみのお部屋です。
それ以外をお求めになる方は、速やかに退室していただきますようお願い申し上げます。



ユノとチャンミン、2人が2人でいてくれれば幸せ。
どんなことよりも2人が笑っていてくれれば幸せ。

2人の笑顔が私の元気の源です。

2人の心の繋がりを表現したくてお話を書くようになりました。
素人ですので、表現や描写に稚拙なところもあります。
心のままに綴っておりますのでご了承ください。

お話の中にBL的要素が含まれるものもございます。。
18歳未満の方、またはそういった表現が苦手な方はお帰り下さい。

閲覧される方、自己責任でお願いいたします。

2人をイメージして綴っておりますがあくまでも私の心の中の妄想であり、
ご本人やその他すべての登場人物には一切関係ありません。
すべてフィクションです。

その点をご理解、ご了承していただける方のみ、閲覧してくださいますようお願い致します。

なお、閲覧後の苦情、中傷、批判などはご遠慮ください。
閲覧は、すべて自己責任でお願いします。


※ パスワード付きの鍵記事について

ブログ開設当初から、なるべくお話しには鍵を付けずに更新をしてきましたが、
ブログを続けていく中で、中傷、批判等、迷惑なコメントが理由で、
鍵を付けているお話もあります。

どんなにお話の冒頭に注意書きをしていても、
ご自分の意志で読み進められたのにもかかわらず、
中傷、批判、更には、お話しとは全く関係のない、私個人への攻撃等、悪質なコメントが時折残される現状です。
(そんなコメントにもお返事をしていましたが、現在はすぐに削除しています。)

お願いです。
私の書くお話が気に入らないなら、読まないでください。
時々、自分の思い通りのストーリーではないと、苦情めいたコメントを残される方もおられますが、
全く意味が分かりません。
そう言う人は、ここに来ないでください。
読み手は書き手を選べます。好きな書き手さまのお話を読んで頂いたらいいと思います。

パスワードに関する問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください。


※ コメントについてのお願い

お話の更新を優先させていただき、頂いたコメントやメッセージのお返事が出来ない場合があります。
気まぐれでのお返事になり、失礼とは十分承知で、お返事できない時もございます。
ご了承ください。

大変申し訳ないのですが、記事についての感想やコメントは、出来ればコメント欄に書きこんでいただけたらと思います。
頻繁に、LINEやメール等で個別に頂くのですが、どうしてもお返事がすぐに出来なかったりしますし、
出来るだけ、ブログのコメント欄に書きこんでくださる読者さまと同様にお返事したいと思います。
勝手ではございますが、よろしくお願いします。

頂いたコメントやメッセージは、いつも大切に読ませていただいてます。
感謝しています♡




※初めてコメントを書き込んでくださる読者さま・・・

こころ日和。へようこそ♪
初めてのコメントは、とても嬉しく新たな出会いであると思っています。
まずは、〝初めまして〟からお言葉を頂きたいです。
初めてのご挨拶は出来るだけお返事させていただきたいと思っています。
よろしくお願いします。


尚、明らかに意思を持った匿名(無記名)でのコメントは、こちらの判断で削除させていただく場合があります。
ご了承ください。



こころ日和。に掲載していますお話は、全て私個人のものです。
他人の作った文章や画像やデータを勝手に複製することは禁止されています。
無断転載はご遠慮願います。
ここでのお話は、ここにあるからこそ皆さんに楽しんでいただけると思っています。





ここに脚を運んでくださる皆様が、こころ日和。のお話で楽しんで頂けたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)





晴れ、ときどき雨・・・こころ日和。 

管理人 こころ。





私の心の中のお話です。
ご了承ください。


ウソみたいなホントの恋。1




「悪い、、、待った?」

・・・・・「いえ、、、僕も今来たところです。」


そう言うチャンミンの耳は、うっすらと赤く染まってる。
待たせてしまったかな、、、






チャンミンと、少しだけ〝特別〟な関係になってから、
時々こんな風に、2人で出かけるようになった。


「さて、、、今日はどうする?」


特に用事があるわけでもなく、
約束は、時間と場所だけを決めて会う。


・・・・・「友達がお誕生日なので、プレゼントを買いたいんです。」

「よし、じゃあ付き合うよ。」

・・・・・「はい。」


ソウルの広い大通りを、2人並んで歩く。
いつもの紺色のダッフルコートに、赤いフワフワのマフラー。

チャンミンによく似合う・・・


俺は、あんまり洋服とかに興味もなくて、、、
けど、チャンミンはいつもさりげなくオシャレに決めてて、
なんだか隣に並んでいるのが申し訳なくなってしまう。


・・・・・「どうしたんですか?」


きっと俺は、気が付かないうちに、チャンミンをジロジロと見てしまっているんだろう。
その視線に耐えかねたのか、チャンミンが脚を止めて俺を見た。


「えっ?」

・・・・・「やっぱり、このマフラー似合ってませんか?」


そう言いながら、首元のマフラーに手を掛ける。
外そうとするその手を、慌てて止めた。


「ち、違うよ、、、逆だって、、、」

・・・・・「?」

「よ、よく似合ってる。ん、、、可愛い、、、」

・・・・・「ホントに?」

「うん、、、」


外しかけたマフラーに手を掛け、
くるりと巻き直してやると、、、


・・・・・「ありがとうございます。」


恥ずかしそうに俯いて、
小さな声でそう言った。


「寒くないか?」

・・・・・「はい。」

「よし、行こう。」


最近、、、
チャンミンが、可愛い、、、


肌理細かい白い肌とか、大きな瞳と、長い睫毛、、、
それは前から知っていたけれど、、、

傍にいるようになって、知ったこと。

雨が降ると、湿気に負けるのか、、途端にくるりとカールする癖っ毛、、、
人よりもちょっと大きな口、、、
恥ずかしい時に、手の甲を口元に持っていく仕草、、、
俺よりちょっと背が高いくせに、何故か上目遣いなところ、、、

とにかく、チャンミンを見てると、心臓が跳ねる。

ドキドキ、、、するんだ、、、



--- ユンホさん、ここです。---

「ここ?」

--- はい。---


チャンミンと連れ立って脚を踏み入れた場所は、
女の子が好みそうなアクセサリーが並ぶ、ジュエリーショップだった。



--- 今、とても流行ってるデザイナーのショップなんです。---

「ふーん、、、」


確かに、店内は若い女の子でとても賑わってる。
その中に男が数人。
きっと、女に強請られてるんだろう、、、


というか、、、
ここで疑問が湧く。

チャンミンがプレゼントを贈る友達って、、、
もしかして、〝女〟?


キラキラと光るアクセサリーを、
チャンミンはうっとりした表情で眺めている。


--- ユンホさん、、、これ、どう思います? ---


チャンミンが射す指の先、、、
視線を追うと、、、

小さなクロスのモチーフが付いた、シンプルなブレスレット。


--- 素敵ですね。 ---

「こういうの、好きなの? 」

--- ヘンですか? ---

「イヤ、、、そうじゃないけど、、、」

--- 素敵です、とっても、、、---

「う、うん、、、」



チャンミンは、暫くそのブレスレットを眺めた後、
プレゼントに、なんとかって言う黒い石のついたペンダントを買った。


やっぱ、女だよな、、、


まぁ、俺にも女友達は沢山いるから、
チャンミンにだって、女の友達の1人や2人、いたっておかしくないし、、、





イヤだな、、、
俺、、、

なんだか、嫉妬、、、してるみたいだ、、、




--- ユンホさん、お茶しません? ---

「おぅ、、、そうしよう」



入ったのは、最近オープンしたばかりだという、
オシャレなカフェ。

丸いテーブルを挟んで、チャンミンと向き合う。

俺はカフェオレ、チャンミンはブラックコーヒー。



・・・・・「付き合わせてしまって、すいませんでした。」

「イヤ、、、別に、、、」

・・・・・「きっと、喜ぶと思います。」

「うん、、、あの、、、」

・・・・・「・・・・・」

「その、そのプレゼントって、、、」

・・・・・「はい。」

「友達って、、、」

・・・・・「はい。幼馴染なんです。」

「その、、、」

・・・・・「幼稚園の頃から一緒で、、、高校も大学も一緒なんです。腐れ縁っていう奴ですね。」

「そう、それでさ、、、その、、、」

・・・・・「誕生日には、毎年プレゼント交換するんですけど、いつも悩んじゃって、、、」

「あの、、、そ、そいつ、、、」

・・・・・「・・・・・」

「女、、、」

・・・・・「えっ?」

「女なのかよ?」



チャンミンの顔を見れなかった。
嫉妬丸出しの自分が、恥ずかしすぎる。

けど、どうしても気になって、、、



店内は、とても賑やかなのに、
俺たちの周りの空気だけが静かに止まったよう、、、

そんな空気が、俺の恥ずかしさに追い打ちをかける。


「い、いや、、、な、何でもない、、、」


口にしてしまったことを、今更後悔する。
恥ずかしすぎる、、、



・・・・・「男です、、、」

「えっ? 」

・・・・・「男です。」

「あっ、、そ、そう、、、」

・・・・・「ユンホさん、、、」

「あーいや、、、その、、、」

・・・・・「僕、、、とても嬉しいです。」


ゆっくりと顔を上げると、
チャンミンは、目じりを下げて俺を見つめていた。


「いや、、、その、、、なんというか、、、」

・・・・・「ただの幼馴染です。」

「う、うん、、、分かった。」

・・・・・「僕が好きなのは、ユンホさんだけです。」

「う、う、うん、、、わ、分かった。」



体中の熱が、一気に顔に集まって来たかのように、
カーッと頬が熱くなる。

きっと俺の顏は、真っ赤に染まってるはず、、、




俺の目の前にいる、真っ赤な顔をしたチャンミンと同じように・・・・・









12へつづく

読者のみなさま、こんばんは。

東方神起完全隊まで あと115日

あと115日!!

明日は残念ながら、本格的な雨になりそうです。
大きめの折り畳み傘と、タオルを準備しておこう。

折角の日に雨はとても残念ですが、
口内炎の痛みが少し治まってきたことだけが救いです(笑)
楽しんできます(*^^*)




それでは、本日はこのへんで。
おやすみなさい。
素敵な夢を・・・・・







こころ。

ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村





午後のひととき、、、
お昼のミニホミン劇場でお楽しみください(^-^)




私の心の中のお話です。
ご了承ください。



レンタル彼氏。1



気が付くと、暖かな春は過ぎ、
太陽が照り付ける暑い夏がやって来た。

チャンミンとの契約が終了して、もう2か月。
不思議と、大学の構内で見かけることもなくて、、、

まぁ、見かけたとしても、もう俺たちは全くの他人。
知らないもの同士・・・


「元気でやってるかな、、、」


時折、チャンミンの事を思い出す。


初めて出会った時の事、、、
女の恰好で現れた時の事、、、
大きな口で、上手そうにラーメンを食べていた事、、、
落ち込むチャンミンを、この腕に抱きしめた時の事、、、


噂の出どころは分からないけれど、
俺が彼女と別れて、フリーになったと大学で噂になったらしく、、、


--- ユンホくん、良かったら私と付き合ってくれませんか? ---


どこの誰だかわからない女の子に、何度か告られたけど、、、


何故か、その気になれなかった。
その度、アイツが、、、
チャンミンの顔が、頭に浮かんで、、、


「ごめん、、、俺、、、今、そういう気になれなくて、、、」


今は、誰かを好きになれる気がしない。



そんな気持ちを引き摺ったまま、時間は過ぎてく。

そんなある日、、、





--- おう、ユノ! ---



大学近くの大きな書店。
講義に必要なテキストを探していた俺は、聞きなれたその声に振り向いた。


「ヒョン、、、」

--- お前、何してるんだ? ---


ヒョンは、あれ以来チャンミンの事には何も触れては来ない。
だから、俺からも何も話してはいない。

ミギョンのことも、上手くやってくれたようで、
ずいぶん経ってから、ばったり大学の食堂で出会ったミギョンに、


--- あの夜、、、ホントはなんでもなかったんだ。ウソついて、ごめんね、、、---


今更、、、そう言いたかったけれど、
俺のことを、そこまで思ってくれていたんだと思うと、
頷く以外出来なかった。


「今度、キム教授の講義を受けることになって、それで必要なテキス、、、、」


テキストを、、、
そう言いかけて、言葉が途切れた。



・・・・・「ヒチョルさ、、、、」



背の高い本棚がずらりと並ぶこの空間・・・
その奥から、ふわりと姿を現した。

幻、、じゃないよな?

俺の目に映ったのは、、、



「チャンミ、、、」



--- 俺の恋人、、、---

「えっ?」


ニヤリと笑ってヒョンが、チャンミンの腕を引きよせる。
そして、腕を伸ばして肩を抱く。


--- 俺の恋人、チャンミン、、、---



どう、、、なってんの?







21へつづく

読者のみなさま、こんにちは。

ヒチョル先輩。何やら企んでいますね(笑)

さて、「レンタル彼氏。」も、いつの間にか20話に。
じつは、自分でもまだ終わりが見えていません(笑)
ので、もう暫くおつきあいくださいね(^^)


それでは、皆さま、
素敵な午後をお過ごしください。
23時にお待ちしています♪

今から、ケーキ買ってきますぅ(*^^*)




こころ。

ランキングに参加しています。
応援いつもありがとうございます。


にほんブログ村



最新記事