私の心の中のお話です。
ご了承ください。



俺の男、僕の男。1




--- お前、今日暇? ---


午前中の会議を終え、デスクに戻った途端、
社内用の携帯にメッセージが入る。

朝から会議室に長く拘束されていたせいか、
肩が重い。

腕を何度か回して、肩を解す。
大きく息を吐いて、携帯を手に取った。
返事を待っているであろう悪友に、返信しようとしたその時、、、


--- あれ? えらく疲れてる? ---


振り向くと、さっき届いたメッセージの送り主が、
ニヤついた顏で立っていた。

携帯をデスクに起き、椅子ごと身体を反転させた。


「今、会議が終わったばかりだ。」

--- 相変わらず忙しそうだな。---

「まぁな、仕事してりゃ、余計なことを考えなくて済む。」


俺のその言葉に、ドンヘは途端、目を輝かせる。


--- なになに? 何かあったのか? ---

「何が?」

--- 余計な事って、、、何かあったんだろ? 女? 女が出来たのか? ---

「違うよ、、、」

--- なんだよ~教えろよ~---





〝これが最後なら、、、〟


あれからもう、1か月が過ぎた。
冷たい冬の風に、時折、ふっと春の温もりを感じるようになった。


チャンミンとは、あの日以来一度も会っていない。


隣りに住んでいても、不思議と顔を合わせることもない。

まぁ、避けられてるんだろうな、、、


--- そこら辺を詳しく聞きたいから、今晩どう? ---

「特に、お前に話すことはないが、、、」

--- いいからいいから、、、俺が聞いてやるって、、、---


時々、、、いや、いつも思う。


「夕方、得意先に出向くから、その後なら、、、」

--- よし、じゃあ、空いたら連絡しろよ。---

「ああ、分かった。」


ドンヘのように、いつもポジティブでいられる事が羨ましく思う。



鼻歌を歌いながら、片手をあげて去ってゆくドンヘの背中を見送りながら、
そんなことを考えていた。






「お待たせ、、、」

--- お疲れさん。焼酎でいいか? ---


社には戻らず、俺は得意先からそのままドンヘの指定した店に向った。
平日の夜、、、

思ったよりも店内は静かで、
テーブルを挟んだ向こうから、焼酎の瓶を差し出すドンヘに、
手元のグラスを手にした。


--- 久し振りだな。---

「ああ、、、」

--- 例の商談、どうなってんの?---

「問題ない。来週には片付く。」

--- 流石、チョン課長。俺ら同期のスターだねぇ---


注いでもらったグラスを、一気に煽る。
アルコールが、喉からジワリと身体に染みていく気がした。


--- そういえば、社内で噂になってる話、知ってるか? ---

「さぁ、、、」

--- そうだろうな。お前は、そういう話には、てんで疎いからな。---

「なんだよ?どうせ、人気ナンバーワン受付嬢に男が出来たとか、結婚するらしいとか、、、」

--- ばーか、、、---

「じゃあ、なんだよ、、、」


ドンヘは手にした箸で、目の前のつまみを突きながら、、、


--- 日本で正式に支社が出来るらしい、、、---

「・・・・」

--- で、若手中心に優秀な人材を各部署からチョイスしてるらしいって、、、---

「へぇ、、、」

--- へぇ、、、じゃないだろ? ---

「・・・・・」

--- お前確か、日本語できるよな? ---

「・・・・・あぁ」

--- 噂じゃ、お前が一番の有力候補だって、、、---



〝課長〟と呼ばれるようになった時、
同期の奴らに言われたのは、、、

〝ユンホ、お前、どんな手を使った?〟


特に、出世願望のない俺には、
そいつの言う意味が理解できなかったが、
異例の昇進だと社内で囁かれ、仕事の評価だけでは図れない世界だと痛感した。


「俺は、今のままで満足だがな、、、」

--- 俺からしたら、羨ましい話だけど?---

「仕事以外何もすることがない、つまらない男が羨ましいのか?」


たった1つの愛ですら、守りきれなかった馬鹿な男、、、


--- なぁ、、、ユノ、、、---

「ん?」

--- 先週、偶然出先でソヨンに会った。---


ドンヘの口から出たその名に、、、
手にしていた箸の動きが止まる。


--- 会ったんだって? お前、、、---

「あぁ、、、俺も、偶然な、、、」

--- 実は、ソヨンから、お前に伝言がある。俺が預かって来た。---

「・・・・・」

--- お前に会った時に言うべきだったのに、どうしても言えなかったって、、、後悔してた。---

「・・・・・」

--- あいつさ、妊娠したって、、、子供が出来たそうだ。---

「・・・・・」

--- 私は幸せだから、ユノも、、、ユノにも幸せになってほしいって、、、---

「そうか、、、」



ふと、頭の中に浮かぶ姿・・・

優しく微笑みながら、その手に小さな命を抱くソヨンの姿・・・
ソヨン、、、お前はもう、幸せを、、、新しい愛を手にしたんだな、、、


--- お前さ、、、もう少し自分を大切にしろ。---

「俺はいつでも、自分が一番だけど?」

--- 誤魔化すな。いないのか? ---

「何が?」

--- 黙って馬鹿なお前を包んでくれる存在・・・---



俺を包む、、、存在、、、


どうしてだろうな、、、
こういう時、いつも頭にお前の顏が浮かぶ、、、


チャンミン、、、、、



「いるよ、、、いや、いたけど、俺はもう、、、」

--- どうせお前の事だ。もう、誰も好きにならないとか、上手く愛せないとか、、、
そんなつまらないことで、自分の気持ちを縛り付けてるんだろ?---

「・・・・・」

--- 自分を解放してやれ。可哀想だとは思わないのか? ---

「可哀想?」

--- そうだよ、、、自分で自分の首を絞めつけてる。---

「・・・・」

--- 自由に、、、してやったらどうだ? このまま自分を殺しちまうのか?---





帰り道、、、
マンションまでの道のりを、冷たい風に当たりながらゆっくりと歩く。

火照った頬に、風が心地いい。


〝自分を解放してやれ〟


ドンヘのセリフが、
何度も頭の中を駆け巡った。





ようやくマンションにたどり着いたのは、
もう、日付が変わる頃。


自室の前に立ち、上着の内ポケットに手を入れる。
けれど、鍵が見つからない。

手にしていた鞄を開き、
鍵を探していると、、、


深夜近い時間、、、
静かな廊下に、聞き覚えのある声が響く。


思わず手を止め、声の方に視線を向けた。



--- あんた、大学生のくせに、いい所に住んでるんだね。---

・・・・・「俺んち、金持ちだからさ。」



久し振りに目にする、チャンミンの姿。


酔っているのか、ふらつく足でこちらに向かってくる。
その腕には、派手なヒールを履いた女の身体が、ねっとりと絡みついていた。








16へつづく

読者の皆さま、こんばんは。
さて、あと1ヶ月になりました。

ユノあと1か月

春は苦手です。
温かかったり寒かったりで、気温が安定しないので、体調を崩しやすいし、
子供たちの環境が変わる時期でもあるので、親としてもいろいろと気を使います。
そして、花粉に悩まされる。

なので、私は春が苦手なんです。
けれど、今年だけは違う。

頭痛と痒みと鼻炎で、体調が最悪だけど、
それでもその日があるから、日々、カレンダーを眺めながら、ユノの帰りを待ちわびてます。
あと、1ヶ月。
皆さんと共に、その日を穏やかに待ちたいです(^-^)





それでは、本日はこのへんで。
おやすみなさい。
素敵な夢を・・・




こころ。

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。


にほんブログ村



関連記事


コメント

  1. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 08:41 )

  2. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 11:17 )

  3. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 22:32 )

  4. こころ。 | -

    かこさまへ

    かこさま、こんにちは。
    ユンホさん、優秀なのでいろいろ期待されてますよ(笑)フフフ
    出世するいい男・・・(//▽//)
    いい男は仕事も出来る・・・♡フフフ

    ユノが戻るまで、1か月を切りました。
    あんなに長く感じていたのに、もう1か月もない。
    凄いな~
    帰ってきたら、もう怯えることもない!!
    楽しみすぎて、心臓がパンクしそうです♥フフ
    4月20日は飲むぞ~(笑)
    コメントありがとうございます。

    ( 15:52 )

  5. こころ。 | -

    mima_hanuru さまへ

    mima_hanuru さま、こんにちは。
    そう、やっぱりドンヘさんはこころ日和。には欠かせぬ存在です。
    いつもありがとう、ドンヘさん(笑)

    ユノが戻るまであと1か月を切りました。
    信じられないですけど、帰ってくるんですよね?
    その日を皆さんと一緒に迎えられる事、とても嬉しく思います。

    TILL2グッズのリングライト。
    開けてみました。
    硬くて外れないから、そのまま腕に差し込んでみました(笑)
    そうそう、独りでは着脱しにくいとか?
    あんなに力が居るなら一人では無理ですよね、、、
    相方が必要、、、(笑)確かに。フフ
    コメントありがとうございます。

    ( 15:58 )

  6. こころ。 | -

    チャミ1011 さまへ

    チャミ1011 さま、こんにちは。
    派手なヒールの女はチャンミンには似合いませんよね~
    というか、派手なヒールはチャンミンが似合うかも?(笑)
    ユノが戻るまであと1か月切りました。
    チャンミンだってすぐ。
    2人揃うのが超楽しみです♡フフフ
    コメントありがとうございます。

    ( 16:01 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新記事