午後のひととき、、、
お昼のミニホミン劇場でお楽しみください(^-^)




私の心の中のお話です。
ご了承ください。



レンタル彼氏。1




落ち着かない・・・・

俺はアパートの狭い部屋の中を、
行ったり来たり、うろうろうろうろしている。
朝からずっと、、、、



〝1日、ヒチョルさんにお付き合いします。〟


あれから1週間。
今日がその、〝お付き合いする日〟


あの時、やっぱり断わっておけばよかった。
今更、後悔しても遅い。




「なぁ、チャンスニ、、、やっぱ、止めておいた方が、、、」

・・・・・「ユンホさん。ここで引き下がったら余計話がこじれます。」

「でも、、、」

・・・・・「僕が1日彼に付き合えば、この問題はすべてクリアに全面解決です。」

「・・・・・」

・・・・・「ね? 僕に任せてください。」

「う、うん、、、」



チャンスニに押される形で、了承してしまった。



最初は、彼女をレンタルしてそれで終わりのはずだった。
なのに俺のミスで、チャンスニにかなりの迷惑を掛けてしまうことになった。

心配なのは、ヒョン・・・

ヒョンは頭もいいし、大学の〝いい男ランキング〟で、いつも上位に居る、いわゆる「デキるいい男」だ。
女の扱いにも慣れているし、それに、なにより感が鋭い。
いくらチャンスニでも、ヒョンを最後まで誤魔化せるかどうか、、、


「バレたらどうなることやら・・・」


そんなことを、朝からずっと考えている。


それに、、、


俺の心の中に、チャンスニの言葉がずっと残ってる。



〝この問題はすべてクリアに全面解決です〟



そうだよな、、、
アイツにしても、こんな邪魔臭くてややこしい依頼、、、
早く解決して、終わらせたいよな、、、


これが解決したら、もうチャンスニに会うことはない。
アイツももう、女の恰好なんてする必要もなくなるし、、、

これは、アイツにとってはバイトで、仕事で、ただ、それだけで、、、


「ああぁっ、、、もう!!! 」


何考えてんだ、俺、、、
アイツは男だぞ。

血迷うな血迷うな、、、


頭をブルブルと何度も振って、
可笑しな邪念を振り払う。


テーブルの上のスマホは、静かなまま、、、


「なんだよ、、、人が心配してるってーのに、連絡くらい入れろよ、チャンスニの奴、、、」


手にしたスマホをソファに放り投げて、
俺は、そのままベッドにダイブした。




ハッと気が付けば、辺りは真っ暗で、、、

カーテンも引いていない部屋の窓の向こうは、
ぼやけた月が、夜の藍空にポッカリと浮かんでいる。
暫くボーっとして、思い出す。


「チャ、、、チャンスニっ!!」


ガッツリ眠ってしまった・・・・


慌ててベッドから起き上がって、脚を縺れさせながら、
寝室を出て、ソファの上のスマホを手にした。


チャンスニから、何度も着信がある、、、

時間はもう、23時を回ってる。


どうしようか、、、
迷っていたら、手の中のスマホが音を立てる。


見ると、、、


〝ヒチョルヒョン〟


「ヒョンか、、、」


ヒョンよりも先に、チャンスニから話を聞いた方がいいだろうか・・・
そんな風に悩んだけれど、俺は結局3コールで応答した。


「もしもし?ヒョン?」

--- おう、ユンホか ---


ゴクリと、息をのむ。


「ヒョン、、、あの、、、」

--- 遅くなったけど、ついさっき送ったから、、、---

「は、はい、、、分りました。」

--- ユンホ、、、---

「はい。」

--- ミギョンの事は、俺に任せておけ。---

「はい、、、迷惑かけて、すいません。」

--- チャンスニちゃん、いい子だな。---

「え、、えぇ、、、まぁ、、、」

--- 大切にしてやれよ。---

「はい。」

--- よろしく言っといて、そろそろ来るだろうから、、、---

「えっ?」

-- じゃあな、、、---


プツ、、、と電話が切れたのと同時に、、


「チャンスニ?」


部屋のインターホンが鳴った・・・・・








18へつづく

読者の皆さま、こんにちは。

今日はお話どころじゃないというのに、
ここに来て下さった方に、深く感謝です(笑)

この記事が更新される頃、私は読者のみなさんと、
ユノの帰還をお祝いしていることと思います。

この時間なら、もうユノの姿は見れていますよね。

ユノの長い兵役期間・・・
怪我したこともあって、心配もたくさんしたけれど、
今日という日を無事に迎えられたことを、幸せに思います。

皆さんも、いろんな形でお祝いしていらっしゃると思います。
今日は1日、幸せな気持ちに浸っていましょう。
そして、次はチャンミンです。
待ってるよ、チャンミン♥





それでは、皆さま、、、
今日の午後は、心にユノを♥

いつもありがとうございます。




こころ。

ランキングに参加しています。
応援いつもありがとうございます。


にほんブログ村


関連記事


コメント

  1. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 14:13 )

  2. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 17:19 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新記事